アレルギーについて

アレルギー体質の方も多いかと思いますが、ワンちゃんも同じようにアレルギーの子がいます。アレルゲンはそれぞれ異なるのですが、特定の食材がそれになっている場合は、それを除いたドッグフードを与える必要があります。例えば、小麦やトウモロコシ、大豆、牛肉やチキンなどがアレルゲンになっていることもあります。また、所謂保存料や着色料などがアレルゲンとなって、ワンちゃんに様々な問題を起こしている場合もあります。この場合は、無添加のドッグフードに変えてあげましょう。ただし、やはり何がアレルギーとなっているのかは専門家でなければ分かりませんので、早めに医療機関に連れていき、医師の診察を受けることをオススメします。検査は簡単です。

ワンちゃんがアレルギーの場合、毛がたくさん抜けたり、体をかゆがったりすることもあります。また、吐いてしまったりおなかを下すことも。他にも、くしゃみをよくしたり涙が出てくることもあります。湿疹が現れることもありますので、ワンちゃんの様子や体をしっかりと観ておくようにしてください。市販のドッグフードを与える場合は、パッケージをチェックしてアレルゲンの含まれていないものを選ぶようにしましょう。